HOME >  Juice Plus > story
なでしこ塾
メグママブログ
ジュースプラス
カラダにうれしい「まるごと野菜&果物」

野菜と果物の話

日本人の野菜・果物の摂取量は、近年低下し続けています。
野菜や果物が私たちの生活に欠かすことができない食品群であることは、すでに多くの方々がご存知のことと思います。にもかかわらず、2005年の「国民健康・栄養調査」(厚生労働省)によると、小学生から中・高校生だけではなく、最も野菜を食べている60歳代でも目標値が達成されていませんでした。また果物摂取量の国民平均も不足しているという結果でした。
まるごと生野菜と果物を毎日食べることが理想的
近年、多くの研究者が、野菜と果物に含まれているビタミン、ミネラル、植物栄養素、酵素、植物繊維などの栄養成分が、私たちの健康維持に重要な役割を果たしていることを、次々と明らかにしています。特に注目したいのは、まるごと野菜や果物から摂る栄養成分は、ビタミンやミネラルなどを単体で摂るより、はるかにカラダにとって望ましいということです。栄養素は単体でなく「チーム」で働くものなので、まるごと野菜や果物に含まれる様々な栄養成分を一緒に摂ることは、理にかなった栄養摂取方法とも言えます。栄養補給にたくさんの種類の新鮮なまるごと野菜と果物を毎日食べることが理想的ですが、現実的には難しいことです。
【摂取目標値】毎日、新鮮な野菜350g 果物200g
ジュースプラスのページへ